不動産

【違法】二重契約はやめましょう【一括返済】

こんにちは。MATSUD0です。

不動産を購入する上で、自己資金は大事ですね。基本的にはローンを組んでの購入にはなりますが、自己資金が一定額無ければローンを組めないケースが多いです。

そんな中で、「ウチは自己資金なしのフルローン・オーバーローンで物件が買えます」というようなことをアピールする不動産業者がたまにいらっしゃいます。

どういうカラクリでフルローンを組むことが出来るのか調べると、二重契約だったりします。最初に言っておくと、二重契約は違法で、見つかると色々大変ですので、そもそもやってはいけません。

今回はその、二重契約の仕組みについてです。

二重契約とは?

カンタンに言うと、契約書の「偽造」です。

不動産会社と買主との間で取り交わす契約書をA、融資を受けるために金融機関へ提出する契約書をBとします。

契約書Aに記載する販売金額を1億円、金融機関向けに提出する契約書Bに記載する契約書に記載する販売金額を1.2億円として提出するとします。

金融機関の融資スタンスが「販売金額の9割まで融資する」といった場合、融資を受けられる金額はどうなるでしょうか。

1.2億円 × 0.9 = 1.08億円

実際の取引金額は1億円で、本来ならば1億円の9割にあたる9千万円までしか融資が受けられなかったところ、二重契約とすることで1.08億円の融資を受けられるといったカラクリです。

二重契約しても大丈夫なの?

二重契約をしては絶対にダメです。これは「私文書偽造」という立派な犯罪です。

仮に罪に問われなかったとしても、金融機関にバレた瞬間、一括で融資の返済を求められます。もちろん、今後、融資を含む一切の取引NGなど永久追放される可能性が高いです。永久BANです。

リスクが大きいのでやってはだめです。悪徳不動産屋などでは、「フルローン可能です!」などと甘い言葉で勧誘してくることがありますが、疑ってかかった方が良いかと思います。

もちろん、物件によっては立地・土地と建物の積算評価などが非常に良く、金融機関の融資方針とマッチすればフルローン融資を受けることが出来るケースもありますが、です。

アヤシイ・オイシイ話には乗せられず、健全な不動産投資を進めていきましょう。

ABOUT ME
matsud0
1988年11月生まれ。保険会社システムエンジニア→収益不動産会社の営業。奥渋谷、六本木をメインに活動中。収益不動産情報をメルマガで配信中しています。