不動産

保証人の連帯保証人の違いについて

MATSUD0です。渋谷の不動産屋で働いています。

今回は、「連帯保証人」と「保証人」の違いです。最近は「#私の住宅要求」などと言ったタグで、悪い意味で引き合いに出されれることが多いですね。

主に不動産屋で物件を借りる際に必要となってくる連帯保証人ですが、いったいどんなものなのか。普通の保証人とは何が違うのかについてまとめてみます。

違い①:催告の抗弁権の有無

保証人の場合は、債権者(お金を貸した人)の請求に対して、主債務者(お金を借りた当人)が『破産している』または『行方不明である』場合を除いて、主債務者へ先に請求するように主張できます。これが「催告の抗弁権」がある状態です。連帯保証人の場合には、この主張は出来ません。

違い②:検索の抗弁権の有無

保証人の場合は、主債務者(お金を借りた当人)に支払えるだけの資力がある場合には、債権者(お金を貸した人)に対して、先に主債務者の資産へ強制執行するように主張できる状態が検索の抗弁権がある状態です。

保証人は、主債務者が返済できる資産があるのに返済を拒んだために、債権者から請求された場合、債権者へ『先に主債務者の資産に強制執行してくれ!』と主張できます。

ただし、この主張をするためには、保証人において、主債務者に資産があること、かつ、その資産に強制執行が容易にできることを証明しないといけません。これはこれで大変ですね。。

単に「資産があるはずだ!」と主張だけしてもダメだということです。反対に連帯保証人は、同様のシチュエーションでもこのような主張ができません。

違い③:分別の利益の有無

保証人の場合、その保証人が複数人いる場合、弁済額が異なるって来ます。これが、分別の利益がある状態です。

連帯保証人は(連帯)保証人の数にかかわらず、借金全額の返済義務が発生するのに対して、保証人は人数分の返済義務しか発生しません

文章だけだと分かりづらいので、実例として以下のようなことを考えてみます。

《例》借金の残高:900万円、(連帯)保証人の数:3人

  • 保証人が義務を負う返済額:900万円÷3人=300万円
  • 連帯保証人が義務を負う返済額:900万円

つまり、保証人の場合には、債権者(お金を貸した人)から「お金を返してくれ!」と言われた時、n人の保証人がいれば、n等分割した金額分に負担額を減らせるわけですね。

ただ、連帯保証人の場合には、連帯保証人が複数いたとしても、債権者が特定の人に「お金を返してくれ!」と言われたら、その金額を全額負担しなければなりません。

保証人・連帯保証人を頼まれた場合は、慎重に判断しよう

この通り、保証人と比べて連帯保証人には借金の請求が容易で、不利益を被りやすい立場にあります。

貸す側にとっては貸し倒れを防ぐためにも、住宅ローンや賃貸物件の貸し出しなどのシチュエーションでは、保証人よりも連帯保証人を設けようとします。

特に住宅ローンや事業運営のための融資は、貸付額が高いため、連帯保証人が設けられることが多いようです。一度保証人になると、保証人の解除は容易ではないため、今後、親族や友人から保証人または連帯保証人になることを頼まれたら、保証人になるリスクを踏まえた上で判断しましょう。

保証人を解除するためには?

すでに保証人になってしまったけど保証人としての義務を解除したいという場合は、貸主へ相談しましょう。貸主の判断になりますが、貸主が許可すれば保証人としての義務は解除されます。もし、貸主からの許可が得られない場合は、別の保証人を用意しましょう。

貸主が保証人として信頼できると判断した方が、代わりに保証人になってくれれば、自身の保証人としての義務を解除できます。

まとめ

ここまでで、連帯保証人と保証人の違いをお伝えしました。

賃貸借契約などでは「保証人」はほぼ出てきません。ほぼ全て「連帯保証人」になります。つまり契約者が滞納し、大家さんから連帯保証人に請求が来たなら、連帯保証人はその全額を支払わないといけません。

滞納があった場合に連帯保証人に連絡した際、契約者から、「なんで連帯保証人に連絡するの?ちょっと遅れただけじゃないか!」と言う入居者もいるようですが、至って問題ない行為です。

ということで、「連帯保証人」と「保証人」の違いでした。

そのため、連帯保証人の責任をもう少し軽くしようということで、民法改正に繋がっていったのですが、大きく変わった改正内容が以下の内容です。

1.連帯保証人の保証限度額の設定

2.賃借人死亡の場合の保証は責任範囲外

3.賃貸人の連帯保証人への説明義務

になります。

上記の保証人、連帯保証人と、民法改正の内容を踏まえて、連帯保証人の設定時に参考にしてもらえればと思います。

ABOUT ME
matsud0
1988年11月生まれ。保険会社システムエンジニア→収益不動産会社の営業。奥渋谷、六本木をメインに活動中。収益不動産情報をメルマガで配信中しています。