不動産

駅近案件は地域密着の地銀を狙う!

MATSUD0です。

今日は同業営業マンの決めた物件と、

年明けに解放される物件を下見してきました。

駅近物件は多少利回りが低くとも、推し条件としてはインパクトが大きいので

お客様からの反響も良いですね。積算評価も取れれば最高なのですが・・。

駅近物件はプロパーローンを組みやすい!?

プロパーローンとは、パッケージローンの対義語で

借入者の属性と物件との総合判断で融資を下ろす事業性融資のことです。

ローンの種類問わず、銀行は融資判断の際に物件自体の属性も見るのですが、

やはり駅近は審査時のプラス材料となる可能性が高いです。

テナント系の物件でも、地域密着型の地銀や信用組合から

比較的良好な条件で融資が下りるという話はよく聞きます。

駅近、特に駅から徒歩5分以内など、突出した近さがある案件は

地元の地銀に申し込んでみるのも一考です。

ABOUT ME
matsud0
セレブな街を中心に活動する不動産屋、兼、不動産投資家、兼、Uber Eats配達員、兼、株式投資家、兼、ブロガー。元々は数千人規模のシステムエンジニア。不動産ネタをメインにお金に関する記事を書いています。