不動産

初めての不動産投資に賃貸併用住宅はいかがでしょう?

MATSUD0です。

千葉県にある築年数は割と新し目な二世帯住宅の物件を見学してきました。

スペックは以下のような感じです。

総戸数2戸で、現在1階部分のみ賃借中。

しかも空き室の方が専有面積がひろい。

築年数も比較的浅いし、駅からもそこそこに近く、

内装もバッチリ綺麗なので、全然問題なく住めます。

むしろ住みたい。

こんな賃貸併用にもってこいな物件でした。
貸併用住宅はローン返済に困って売却するということが少ないので

市場に出回る数自体が少なく、中古はすぐに売れてしまうのが現状です。

あまり自己資金がないけれども、不動産投資を始めたいような不動産投資初心者が、

賃貸併用物件が最初の投資用物件としておすすめな理由を、以下シミュレーションから説明してみたいと思います。

投資用と賃貸併用のシミュレーション

【物件スペック】

一階部分家賃:10万円

二階部分家賃:10万円

販売金額:2000万円

購入者は家賃10万円の賃貸物件に住んでいるものとします。

投資用物件としてのシミュレーション

【融資条件】

金利:約2.3%

融資期間:約30年

月々返済額:約77000円

家賃との相殺キャッシュフロー:約2.3万円

賃貸併用物件としてのシミュレーション

【融資条件】

・金利:1.3%

・融資年数:35年

毎月返済額:約6万円

家賃との相殺キャッシュフロー:約4万円

考察

賃貸併用物件の方が倍近くキャッシュフローがでました。

投資用物件として利用する方が物件単独の家賃収入は増えますが、その分自己使用している賃貸物件の賃料分がキャッシュフローに影響しますね。

もちろん賃貸物件の方が目まぐるしく変わるライフスタイルに合わせて、立地や間取り等の変更を柔軟にすることができますが、

賃貸併用物件の場合には、物件からの賃料収入で家賃分を補いつつ物件購入時のローン返済を進めることができます。

物件を購入してしまったからといって35年間ローンに縛られる訳では勿論なく、

5年以上保有して市況の頃はよ、見計らって売却益を狙うのも良いですね。

今回は分かりやすくするために、かなりコンサバなシミュレーションになってるのは重々承知でございます。

ちなみにこの物件、今現在も販売中です。

ご興味ある方はぜひぜひ〜!

✱2018年11月30日現在

ABOUT ME
matsud0
1988年11月生まれ。保険会社システムエンジニア→収益不動産会社の営業。奥渋谷、六本木をメインに活動中。収益不動産情報をメルマガで配信中しています。