ビジネス

疑り深い人は成功しないという話

今日の話題は、警戒心とか猜疑心みたいな、人を疑う気持ちが強い人というのは成功しにくいよ、、という話です。

警戒心が強い人は大きな成功がつかめない

TwitterやSNSをずっとやっていて、かなり確信があるんですが、過剰な警戒心をもっていたり、人を疑う気持ちが強い人は駄目ですね。。

気を悪くする人がいたら申し訳ないんですけども、本当にそう思うし、これは多分事実なんですよね。一般的には警戒心とか猜疑心みたいなものが、ある種、強い方が物事が上手くいきやすいんじゃないかっていう風に思われているような気もしますよね。

そういう人は、確かに騙されにくいとは思います。騙されにくくて、ちゃんと疑う。よく言えば慎重で、一見そういう人の方が上手く行く気がするんですよね。。

でも逆にそういう気持ちが薄い人、ここでは分かりやすく「行動力のあるアホ」と言いますが、まぁなんだろな・・アホなんですよ。上手く行く人ってのは。

考えているのかもしれないけれど、行動力がすごく先走って、自分でも「なんでそれをやるのかよく分かんないけどやってしまう」みたいなところがある人はやっぱりうまくいくって、あると思うんですよね。

「ヒーロー 考えるよりも先に」の画像検索結果

事業が一体どういうタイミングで伸びるかって言うと、自分でも何やってかよく分からないことが一番伸びるんですよね。これ本当に何なんでしょうね・・?(笑)

自分の頭で理解できることで結局大したことじゃないんですよ。分かっちゃってる時点で、自分のそのキャパシティを超えられないんですよね。

でも、自分でもよく分からないこと、、「これやったらどうなるんだろう?」みたいなことに挑戦してみると、自分でも思っていた以上の成果が出るっていう事があるんですよ。

これはなんかもう、本当にそういう仕組みになっていて、自分の頭で理解できるような事ってのは大したことないんですよね。

 

で、警戒心とか猜疑心が強い人ってのは、自分の頭で理解できることにすごく縛られる。そこに固執してるんですよね。

だから、「自分で理解できないからやらない」とか「自分で理解できないからこれは偽物だ」っていう風に考えてしまって、何も行動ができない・・と。

確かに、それはあなたの頭の中ではそうだろうし、そこは間違ってないんだけど、でもあなたはその自分の頭の中の想像を超えることはできないんですね。

そういう風に行動力を制限してしまってはダメで、やっぱり、何かこう飛び抜けた成果を出したり新しいことを書きたかったら結局のところもアホになるしかないと。

人を疑ったりしてる暇なんてないし、警戒してる暇なんかもう無いんですよね。どんどん新しいこと仕掛けていって、その中でもちろん失敗したり、あるいは失敗とまでは行かなくとも、あんまりやってみても意味がなかった・・みたいな事って結構自分もたくさんありますけど、でもそれでもやっぱり新しいことをやっていかないと話になんないです

ファーストペンギンになれ!

「ファーストペンギン」の画像検索結果

起業とか新規事業の世界で、「ファーストペンギン」という言葉があるんですよね。まあ最初に飛び込むペンギンみたいな感じですね。

ペンギン社会でも、あの群れで行動する時は最初に飛び込む奴がいるわけですよ。こう、バシャーンと。。そこにはシャチとかサメとか、ヤバい奴がいるかもしれないけど、もちろん餌がたくさんあるかもしれないんですよね。

なので、ファーストペンギンの人というのは、リスクをすごく冒すんですけど、もしそこにたくさんの魚群がいて、魚が取り放題だったらめちゃくちゃ美味しい思いができるわけです。自分が最初に飛び込んでるんで、もう100%魚がいるわけです

あとから飛び込むと当然実入りは少なくなっていって、それはもちろんリスクは減るんですけど、リターンが減っていくというような事になるんで、起業の世界は「さっさとファーストペンギンになれ!(起業しろ)」みたいな事をよく言うんですね。自分もこの考えはすごく同意ですね。

やっぱりファーストペンギンになれるかどうかで全然リターンが変わるんですよね。例えば、ビットコインで考えてみればわかりますけど、自分はビットコインを最初に知ったのが確か2011年とかそのくらいでしょうか。11年とか12年ぐらいにWebの情報で見て、その時正直よく分かんなかったんですよね。で、そのまま分からないままスルーしてしまったんですけど、あの時にちゃんとリスクを冒してビットコインを100万円分ぐらい買ってたら、億万長者になっていたわけですね。。

本当にわかりやすい話ではそういう事で、ファーストペンギンのリターンという分かりやすい例でしょうし、まぁ今、過去に振り返っていましたけど、今、もうこの時点で、実はそういうチャンスはたくさんあるんですよね。

ファーストペンギン今なろうと思ったら、実はなれるわけです。

そういうことをやろうとすると、本当に警戒したり疑うような気持ちというのは、本当に邪魔だなと思うんですね。そういう気持ちがあると行動力が落ちて、すぐ行動が取れなくなるんですね。

「なんか危ないんじゃないか」とか「なんか騙されてるんじゃないか」「なんか搾取されてるんじゃないか」とか、、そんなこと考えてる暇ないのですが、まぁTwitterの世界では結構そういう事が多いんですよね。

「なんだかなぁ」という感じはするんですけど、世の中、いつだってそんな感じで、そういう事は気にしないで前に行くだけなんですけど、まぁファーストペンギンになると。最初に行動するとすごくたくさんのリターンを得ることは出来る訳で、そのリターンを得ることができない理由は、自分の中の警戒心とか人を疑う気持ちだったりするんですよね。

こう斜に構えるというか、斜めからものを見てしまう人ってのはやっぱり行動力がないんですよね。で、それでどんどん新しいことができずに陳腐化していって、まぁその内消えていくっていうこともたくさん見てきたんで、、もちろん失敗して痛い目を見ることもありますけど、今何もしない方がむしろリスクなんですよね。

これもよく言いますけどね、ボケっと待っててタイミングが熟するのを待っててっていうことをやってる方がよっぽどリスクで、それは大して旨味もないので、、まぁ面白くないですし。人生つまんないと思うので、どんどん行動していくと良いことがあるよという事を伝えたいなと思ったんでこんな記事にしてみました。

ABOUT ME
matsud0
セレブな街を中心に活動する不動産屋、兼、不動産投資家、兼、Uber Eats配達員、兼、株式投資家、兼、ブロガー。元々は数千人規模のシステムエンジニア。不動産ネタをメインにお金に関する記事を書いています。