ライフハック

Appleの無線イヤフォン「AirPods」が良い!

発売されてから2年経った今もなお、人気が衰えることなく売れ続けている「AirPods」。

最近はAirPodsのような完全ワイヤレスイヤホンがかなり増えてきました。一般的になりつつあることもあって、AirPodsが「耳からうどん」と揶揄されることは少なくなったのではないでしょうか。

自分の勝手な推測に過ぎませんが、発売当初の否定的な評判を耳にして「食わず嫌い」をしていた人たちが、完全ワイヤレスイヤホンの認知度があがってきた今、AirPodsを選んでいるのではと思います。

というのは実は自分もそのひとりだったんですよね。AirPodsに対してはなんだか最先端なイメージはありましたが、「別に他の無線イヤホンの方が安いし。耳からうどんだし。」という考えで、発売してからずっと購入に至りませんでした。

しかし、仕事仲間に「これ通話の時めちゃめちゃ良いよ」と言われてから突然再びAirPodsが気になり出して、検討してみた結果、購入。実際に使ってみると、これがめちゃくちゃ便利過ぎて驚きました。

後悔しました。もっと早く買っていれば良かったと。もともと持っていた非Apple製の無線イヤフォンは今は完全にどこかの棚にしまいっぱなしです。

今回の記事では、今更ながら「AirPodsのレビュー」を書いていきます。
自分のように「食わず嫌い」しているのなら、「もっとはやく選んでおけばよかった」となるんじゃないでしょうか。

コードからの完全解放

自分はAirPodsの一つ前から完全ワイヤレスなイヤフォンを使いだしましたが、コードがないだけで相当な開放感でした。外出する時、電車・バスに乗っている時、外食をしている時、コードが絡まって邪魔だと思う時があると思いますが、AirPodsを始めとする完全ワイヤレス化でそれが無くなりました。カバンやポケットから出した時に、コードの絡みをほぐすという作業は一切不要。コードが無いのですからね。

目の前でOLがイヤフォンのコードの絡みをイライラしながらほぐしているのを見て、AirPodsのありがたさを改めて感じました。サッと取り出して耳に装着する、そして好きな音楽に包まれる。この一連の動作が本当にやみつきになります。

圧倒的ペアリングの素早さ

まずAirPodsを使っていて素晴らしいと思ったのは、iPhoneとのペアリング。AirPodsが入ったケースのフタをiPhoneの近くで開けて、後ろのペアリングボタンを押すと「接続」ボタンがポップアップで表示されます。

ー度iPhoneとペアリングしてしまえば、あとはiPhoneの近くでケースのフタを開けると即座に接続されるようになります。またその際は、AirPods本体とケースのバッテリー容量がポップアップで表示されます。

もうBluetoothの接続画面を開く必要は完全に不要です

 

バッテリーの持ちが良い

いくつかのレビューで「AirPodsのバッテリーは約5時間持つ」と書かれていますが、自分が実際に使った感じでも5時間は大丈夫そうです。

国内の大抵の移動なら充電無しで使い続けられるだけのバッテリー容量があると思います。

方耳だけで使える

完全ワイヤレスの圧倒的優位性はまさにココ。

有線イヤフォンは片耳を外していると重さでもう片方も脱落することが多いのですが、AirPodsはそのストレスがありません。

Podcastを聴く時にはすごく便利で、周りの音もよく聞こえるため人と会話しながら聴くことができます。電池がなくなってきたらもう片方のAirPodsに切り替えることもできます。

音楽を聴くだけでなく、ハンズフリー通話もできます。その時、両耳に装着してもいいのですが、自分は片耳だけで使うことが結構あります。両耳をふさいでしまうと自分の声のコントロールがしづらいためです。声が大きくなっちゃうんですよね。

AirPodsは完全ワイヤレスなので、片方だけ使うということができるんです。使っていない方はケースに入れておきますので、充電されています。・・なので、今使っている方が仮に充電が切れても、もう片方に交換すればまたハンズフリー通話ができます。

その間、先ほど充電が切れたAirPodsはケースに入れて充電(フル充電は約10分)できるので、これを繰り返せば永遠にハンズフリー通話できます(ケースの充電が切れるまで、ですが)。片方だけでも使えるというのは、意外とかなり便利です。

接続が安定していて、遅延も少ない

自分は以前、AriPodsではない非Apple製の無線イヤフォンを使用していましたが、ときどき右、あるいは両方共のユニットから音が出なくなる事がありました。使用する場所の影響なのか、都心部では色々な電波が飛んでおり、ワイヤレス通信に支障が出る事が多かったです。しばらく放っておくと復活することもあれば、そのままになってしまうことも多々あります。

そういう場合は、いったん左のユニットをケースに収めてから取り出すことで、音切れは解消されるのですが、正直ちょっと面倒です。

多くのワイヤレスイヤフォンはそうらしいですが、左ユニットだけが対象音源(スマホなど)と通信し、右ユニットは左ユニットと通信する仕組みになっているのに対して、AirPodsは左右のユニットそれぞれがソースと通信する仕組みらしく、片方だけ音が出ないような現象に遭遇したことはほぼありません。

また、通信経路が短いおかげだと思いますが、遅延がほとんどなく、動画を見ていても全く違和感を感じません。

年末年始の人混みの中で一度だけ短時間両耳の音が途切れる現象に見舞われましたが、すぐに復帰しました。通信の安定性については非常に優秀だと思います。

水に強い


つい先日、AirPodsの片一方をワイシャツと一緒に洗濯してしまったのです・・。水没どころか水を満遍なく浸透させてしまった状態

通常の家電製品なら間違いなく壊れていたこの状況、AirPodsは違いました。水没直後こそ音が聞こえずらかったものの、水没から1日で完全復活!

一時は新しいのを買おうか迷ったものの、これはすごい。さすがApple製品!といったところです。

因みにAirPodsの修理費用はこんな感じです。

モデル バッテリーサービス 保証対象外サービス料金 紛失
AirPods 5,800円(片方) 7,800円(片方) 7,800円(片方)
充電ケース 5,800円 7,800円 7,800円

まとめ

全体的にとても良いです。2万円払う価値は十分ありますし、万が一失くしたら同じものを買っちゃいますね。

着け外しも片手でできるので、お店のレジでのやり取りにも不自由しませんし、作業中に話しかけられたときもスムースに応対できます。(片方のユニットを耳から外すと音が止まるという仕組みも、こういう場面で威力を発揮します。)

通話に関して、相手からの声も自分の声もしっかり拾ってくれます。ただ周囲からは独り言をしゃべる変人に見られるリスクがある為、AirPodsを利用した通話は注意が必要かもしれません。

以上、AirPodsを使ってみた感想でした。2018年秋頃、新型のAirPodsが発売されるという噂なので、そちらも要チェックしていこうと思います。

ABOUT ME
matsud0
セレブな街を中心に活動する不動産屋、兼、不動産投資家、兼、Uber Eats配達員、兼、株式投資家、兼、ブロガー。元々は数千人規模のシステムエンジニア。不動産ネタをメインにお金に関する記事を書いています。