不動産

不動産投資のデメリットとは

不動産投資で失敗しないためにはメリットだけでなく、デメリットやリスクについても正しく理解することが重要です。ここでは一般的に言われているものも含め、不動産投資をする上でのデメリットを紹介していきます。

率直に言って、不動産投資のデメリットは何か?

借金をする不安を抱える

まずは、他の金融商品に比べて、多額の資金が必要なこと。
それに伴い、銀行からお金を借りる必要が出てきますが、それはつまり「借金をする」ということです。多くの借金を抱えることは、人によっては精神的に不安を感じるでしょう。

家族の理解が必要

サラリーマンとして働きながら不動産投資をする場合、主に休日を使わざるを得ません。そうすると、家族サービスがおろそかになります。

また、銀行からお金を借りる時には「連帯保証人(もしもお金を返せなくなった時に、その人に代わってお金を返すことを約束する人)」が必要になる事があります。

よって、家族からの理解を得られないと、不動産投資を行うのは難しいかもしれません。逆を言えば、家族からの理解が得られていれば、意思決定スピードが上がり、不動産購入時にプラスに働くことも多いです。

資金の流動性が低い

例えば株の場合、売ったり買ったりがすぐにできます。しかし不動産の場合、そうはいきません。

不動産を買いたい時は、不動産を探して、シミュレーションをして、現地に見に行って、銀行からお金を借りて……と、手順が多く、それぞれに時間がかかります。

売る時も同様で、不動産を売りに出して、買い手が付くのを待って、やっと買い手が現れても、銀行がその人にお金を貸してくれるかはわかりません。

換金するまでにはおおよそ数週間~1,2か月と長く時間がかかります。

不動産投資には、どのようなリスクがある?

空室リスク、家賃滞納リスク

「不動産を買った。これで家賃を得られる!」と思っても、住んでくれる人がいなければ収入は得られません。また、住んでくれたとしても「家賃が払えないんです。。」と居座られてしまえば、収入は得られなくなってしまいます。

持っている不動産に空室がある場合、「いつ入居者が現れるのか…」と、夜も眠れない日を過ごす人もいるようです。

設備故障、修繕リスク

不動産の設備が故障してしまうことがあります。そうすると、入居者が困ることになるため、定期的に修繕をして、不動産のメンテナンスを行う必要があります。

例えば、外壁を塗装したり、屋根を直したり、給湯器を交換したり……。その場合、高額な費用がかかることになります。

金利上昇リスク

例えば、銀行から5,000万円お金を借りたとして、そのまま5,000万円返せばいいわけではありません。

そこに利息が上乗せされます。借りた当初は利息の金利が2%で良かったとしても、今後上がらないとも限りません。

ローンを利用して不動産投資をする場合、変動金利を選択した場合には、金利上昇に伴う返済額負担増のリスクがあります。

金利が上がれば、銀行に支払う利息も多くなり、結果的に運営に苦しむことになります。

災害・事故リスク

もし自分の保有不動産が、災害で倒壊してしまったら。

もし自分の保有不動産で事件や事故(自殺など)が起こってしまったら……。

今後の運営が難しくなるのは簡単に想像できますよね。

このように、不動産投資にはデメリットやリスクはつきものです。

しかし、これらをあらかじめ知っておけば、ある程度回避策を講じることもできます。

例えば、空室が多い場合、不動産をリフォームして綺麗にすることで、住んでくれる人が見つかることがあります。設備故障で高額な費用がかかってしまうのであれば、事前に修繕費を準備しておけば対応できます。

場合によっては、他と差別化の図れるようなリノベーションをかけて希少性が高まれば、
そこにかけた金額以上のリターンが見込まれる場合もあります

また、ローンの金利は「固定金利」にする、ローンの借り入れ期間を短くする
銀行を変えるなどで、金利上昇を防ぐことができます。

災害が怖ければ保険に入っておけば安心です。

 

それぞれの対処法はまた別途書いていきます。

リスクがあること自体知らなければ、対処することもできません。
事前に勉強することこそ、最大のリスクヘッジになるのです。

ABOUT ME
matsud0
セレブな街を中心に活動する不動産屋、兼、不動産投資家、兼、Uber Eats配達員、兼、株式投資家、兼、ブロガー。元々は数千人規模のシステムエンジニア。不動産ネタをメインにお金に関する記事を書いています。