ビジネス

「幸運はチャンスと準備の交差点」

突発ですが、僕の好きな話に「谷底の神父」というのがあるので紹介します。

ある谷底に教会がありました。

そこにいる神父さんは、その教会に、

そして、その地域の為に、何十年と力をつくしていました。

 

ある時、数百年に一度という大洪水が、その教会がある地域にやってきました。

谷底には、どんどん水があふれてきます。

 

村人がその神父さんを助けにきて言いました。

「神父さん!!早く逃げましょう。今なら丘の上にいけば助かりますよ」

しかし、神父さんは

「大丈夫です。私はずっと神様を信じていますから、絶対に奇跡が起こります」

そういって、谷底の教会に残り、お祈りを続けました。

 

しかし、神父さんが祈っても、洪水の水は一向に引く気配がありません。

ついに、洪水の水は神父さんの足元まできました。

 

すると、ボートに乗った村人が神父さんを助けにきました。

「神父さん!危ないです!このボートに乗って逃げましょう!!」

と助けに来てくれました。

それでも、神父さんは

「いや、大丈夫です。必ず神様が助けてくれますから、心配しないでください。」

そういって、神父さんは屋根にあがり、お祈りを続けます。

 

いよいよ、水は教会の屋根の上まできました。

 

そこに村人がヘリコプターに乗り、縄ばしごを垂らしていいました。

「神父さん!!死んでしまうから、はしごにつかまってください!本当に助けたいんです」

しかし、神父さんは

「大丈夫です。必ず神様が助けに来てくれます」

と言って、助けを断ります。

 

その後、神父さんは亡くなりました。

 

何十年も神様にお祈りしていた神父さんは、天国の入り口で神様に質問しました。

「私はずっと神様のためにお祈りをしてきたのに、どうして奇跡は起きなかったのですか!?」

すると神様は答えました。

 

「三回も助けてやったぞ」

いい話ですね。

チャンスをチャンスと気付けないと、「今がチャンスなのだ」と気付けない。

 

楽天の三木谷オーナーの著書「成功のコンセプト」(幻冬舎)に載っていた言葉を、ふと同時に思い出しました。

「幸運とは、チャンスと準備の交差点に訪れる」

調べてみたら、エジソンやリンカーンやドラッカーも似たようなこと言ってました。

 

日頃から鍛錬してたら、思わぬところで話が舞い込んでくる。

それをものにできるかは自分次第。

一朝一夕ではできない。

チャンスが来る前から努力する。

 

身近なところで、自分は仕事をしているとき、ふと、予想外なタイミングで物件の問合せ電話がかかってくると、たまに頓珍漢なこと言ったりしてよく反省してます。電話での問い合わせはメールの5倍はアツいのです。

 

常に気張っていなくてはいけない、とまでは思わないけれど、日頃からアンテナ張ってないとチャンスが来た事にさえ気づけない。

物件探しも、日々レインズ見てないと、良い物件が出た時に、

「果たしてこれはお得物件なのか?」や

仮にお得だと思っても、

「これを買うにはどこの金融機関使えば良いのか」

等と、迷っているうちに他所に買われてしまう訳です。

ABOUT ME
matsud0
セレブな街を中心に活動する不動産屋、兼、不動産投資家、兼、Uber Eats配達員、兼、株式投資家、兼、ブロガー。元々は数千人規模のシステムエンジニア。不動産ネタをメインにお金に関する記事を書いています。