ビジネス

田端信太郎VSサウザー~サラリーマンVSフリーランス~

最近Voicyをずっと聞いています。

文字のコンテンツと違って、話し手の声が聞こえる&一発撮りのようなので、Twitterやブログなど、テキストコンテンツに起すと本来炎上しそうな話も聞けたりするのが良いところですね。

何で炎上しないかというと、まずこのアプリ落として聞いている段階で、ある程度ユーザーがふるいにかけられていて、そういう層が居ないからです。もっとこういうボイス配信プラットフォームは伸びていって欲しいと思いますね。

話題の田端さんサウザーさん論争

「サウザー」の画像検索結果

サウザー氏のVoicy発言をザッピング。

元超絶ブラック企業の「勤め人」だった彼は勤め人を否定。自分自身の商品を持つことを説いています。

・勤め人(サラリーマン)は経営者に搾取され続ける養分だからクソ。

→給料とは労働従事者が明日も元気に会社に来る為にかかる経費。だから年収が上がると、責任も仕事量も増えるから楽にはならず、永久に搾取され続ける。

→宝くじはクソ。まず当たらない。当たりもしないものに「もし当たったら…」なんていう淡い期待抱いて何千円も突っ込んでる時点で胴元の養分

→アイドルも同じ。非モテに淡い希望を抱かせ、お金を搾取するビジネスモデル。グッズ買ったりライブ行ったり握手会行ってたら「いつかあの娘と…」とかいう淡い期待を抱かせる。秋○康の養分。

株式投資はクソ。対象についての情報を完璧に理解した上で投資するならまだしも、殆どの場合は大した理解もせずに「(株価が)上がりそうだから」といった安易な理由で買ってしまう。もはやギャンブルである。

 

こういった持論を展開をするサウザー氏に、サラリーマン代表の田端氏がVoicyを通じて反論してプロレスに持ち込んだ展開です。

サラリーマン代表の田端氏の意見もザッピング。

「田端信太郎」の画像検索結果

みんながみんなイヤイヤ満員電車に揺られて会社に行って、嫌な上司に怒られながら、やりたくない仕事やってるワケないでしょ。やりたくない仕事なら辞めりゃいいし、自分は今まで何社も転職してるけど、一度だって後悔してない。どれもサイコーの会社だった

実際には、サウザー氏の言うように、超絶ブラックで経営者から搾取されまくる人から、自由な立場・裁量で動ける高給取りまで、グラデーションのように幅広く分布している
勤め人だからと言って、一概に「悲惨な人」という短絡的な構図で捉えているの考えが浅い

この両者の議論、個人的には・・

どちらももっともなご意見ですが、個人的にはサウザー氏の意見に賛同です。何かに依存した生き方をしている限り、本当に自由な生き方は出来ない気がします。

田端さんがどんなに「サラリーマンにも素晴らしさはある!」と叫んでも、実際のところ、ほとんどの人は年収1,000万どころか年収5〜600万も超えない現実があります。・・かと言って、年収5~600万円以上の所得があるサラリーマンも将来に不安を抱えていますしね

結局、年収の多寡よりも、「何かに依存しなければ、収入が途絶え、生きられない状況」に人々は不安なのではないかと思います。

サウザー氏の場合には収益不動産経営、イケハヤ氏の場合にはブログ収入・・など、自分自身の収入(商品)を持つことでこういった不安からも解放される。こういった副収入があるからこそ色々なことにチャレンジできる。そう思います。

・・実際は、どんなにサウザー氏が勤め人+αを勧めても、実際に挑戦する人なんてほとんどいないんですが。世の中、サラリーマンやりながら年収300万で、意欲もなくダラダラ人生を過ごす人で溢れています。

ただ、そんな事でずっと悩んでてもしょうがないんで、とにかく今はやれる事・やりたい事を精一杯やっていく。

いつかそう遠くない将来、AIが人に代わり、低所得でくすぶっている人たちの仕事を代替していくと思う(低所得というのは即ち代わりがいくらでも効き、求められるスキルも低い仕事だから)訳で、自分も置き換えられないよう、自分にできる事って何かなと考えています。

この両者、違うポジションで成功されているようなので、議論に明白な白黒決着はなさそうですが・・・とは言え、Voicyは田端氏もサウザー氏も好きなので、この対談が楽しみです。

ABOUT ME
matsud0
セレブな街を中心に活動する不動産屋、兼、不動産投資家、兼、Uber Eats配達員、兼、株式投資家、兼、ブロガー。元々は数千人規模のシステムエンジニア。不動産ネタをメインにお金に関する記事を書いています。